突然発症

腰痛やヘルニアなどはよく耳にしますが、同じような骨と神経に関する病気に腰部脊柱管狭窄症があります。これは主に骨や関節が弱ってくる高齢者によくみられる病気ではありますが、若い人でも肉体的に負担の大きな仕事をしているとかかってしまうことがあります。
これは腰椎部分にある縦に並んでいる骨や人体や神経がずれ、本来あるべき空間が狭まってしまうことによっておこります。本来の位置から骨がずれ、空きになっていなければいけない空間が狭くなることにより、そこにある神経を圧迫して痛みがでたり、歩けなくなったりするようになります。
ヘルニアのように一時的な症状や手術によって治療が簡単なものではなく、長年じわじわと悪化しだんだんと症状が酷くなってしまう恐ろしい病気です。これにかかると歩行が困難になりますし、立ち上がることすらまともにできなくなる場合もあります。

この腰部脊柱管狭窄症という病気の治療はとにかく安静にすること以外にありません。ヘルニアと同じように神経へブロック注射をうって炎症を沈め、少しでも圧迫されている部分を緩和させることで症状が改善することもありますが、1度なってしまえば健康な状態に戻ることはありませんから、一生つきあっていく病気ということになります。
また、あまりにも悪化した場合には、狭くなった部分を広げる施術を受けることもできます。しかし、これは体力的、または回復力や手術の負担を考えれば治療不可能な場合もありますし、この施術をしたからといって完治できるというわけではありません。
手術したのに腰部脊柱管狭窄症を再発する人も多く、中々治療が困難な病気となっています。

ピックアップ

病気の詳細

年配者に多い腰部脊柱管狭窄症について正しい知識を得て下さい。これは高齢者以外にも肉体労働をしている若い人も発症する可能性がある病気であり、日常生活に支障が出ることもあります。

» readmore

学んでおきたいこと

腰部脊柱管狭窄症という症状を理解するためには、当然ながら勉強することは必須です。症状と向き合うために、発症する理由や痛みと付き合う方法について学ぶことはとても大切なアプローチです。

治療で改善できる分野

腰部脊柱管狭窄症は病院で適切な治療を受ければ、症状を改善することができる問題です。ですから、かかることができる病院を調べて診察を受けて、適切な処置を受けることが改善につながります。